中学生・高校生が苦手意識を持つ「美術」

実は「アート」には
「自分らしく」未来を生きていく
ヒントが隠されていた!?

美術が好きな人も、そうでない人も、
今注目の「アート思考」を体験して、
自分の将来を覗いてみよう。

アート思考って何?

アーティストが作品を生み出す時、
自分だけのものの見方で世界を見つめ、
自分なりの答えを生み出し、
それによって新たな問いを立てます。

この思考プロセスが
「アート思考」です

人によって考え方や価値観も様々で、
正解がないと言われる現代社会や
これからの未来では、
正解を導き出すことよりも
自分の内側にある興味をもとに、
自分のものの見方で世界をとらえ、
自分なりの探究をし続けること
が重要です。

これからの未来を生きていく
中学生・高校生が
今身につけておきべき
大事な考え方の一つです。

この事業に参加して、

「アート思考」

身につけると…


自分の好きなコト
やりたいコトが明確になる!

将来、就きたい仕事や
目標の視野が広がる!

周りに流されずに、
「自分らしく」なれる!

いろんな意見や考え方を知ることが、
楽しくなる!

講師

末永 幸歩 (すえなが ゆきほ) 先生

美術教師/浦和大学こども学部講師/東京学芸大学個人研究員/アーティスト


東京都出身。武蔵野美術大学造形学部卒業、東京学芸大学大学院教育学研究科(美術教育) 修了。「絵を描く」「ものをつくる」「美術史の知識を得る」といった知識・技術偏重型の美術教育に問題意識を持ち、アートを通して「ものの見方を広げる」ことに力点を置いたユ ニークな授業を、東京学芸大学附属国際中等教育学校や都内公立中学校で展開。生徒たちからは「美術がこんなに楽しかったなんて!」「物事を考えるための基本がわかる授業」と大きな反響を得ている。自らもアーティスト活動を行うとともに、内発的な興味・好奇心・疑問から創造的な活動を育む子ども向けのアートワークショップや、出張授業・研修・講演など、大人に向けたアー トの授業も行っている。
初の著書『「自分だけの答え」が見つかる 13 歳からのアート思 考』(ダイヤモンド社)は 16万部超のベストセラー。今年の 1 月には、「7RULES(セブンルール)」(フジテレビ系列)に出演し、アートの世界に馴染みのない人たちが「美術の授業」にのめり込んでいる様子が特集された。

会場
ヴァンジ彫刻庭園美術館(クレマチスの丘)


クレマチスの丘には、次世代に優れた芸術や文化を継承するための美術館や文学館、地場の食材を堪能できるレストラン、自然公園などが点在しています。美しいガーデンの散策をはじめ、アートとの対話、そしておいしい空気を感じながらゆっくりと「食」を満喫するなど、一人ひとりが思いのままに素敵な休日をお過ごしいただけるスポットです。


ヴァンジ彫刻庭園美術館は、イタリアの現代具象彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの、世界で唯 一の個人美術館として、2002 年 4 月 28 日、富士山に連なる愛鷹山麓の中腹にあるこの地に開 館しました。1960 年代から最近までのヴァンジの彫刻を常設コレクションとし、それらが展示 棟並びに庭園の中で風景と調和しながら点在しています。四季折々のクレマチスの花をお楽し みいただけるガーデン、現代の作家による企画展、各種文化的イベントなど、芸術表現の時代 を超えた普遍性を縦軸に、移り変わる同時代性を横軸に、織りなされた複合的な文化空間とな っています。

開催概要

アートが教えてくれる「自分らしい答え」の見つけ方 ~わたしのまちの美術館でアート思考を体験しよう!

日時:2022年9月23日(金・祝)
          13:00〜17:30(12:30受付開始)
場所:ヴァンジ彫刻庭園美術館(クレマチスの丘)
対象者:三島市近隣の中学生・高校生(先着50名限定)
参加料:無料
持ち物:汚れてもいい服・マスク・帽子・飲み物・汗拭きタオル

主催:一般社団法人三島青年会議所

後援:三島市 三島市教育委員会 三島市青少年健全育成会 長泉町 長泉町教育委員会 静岡新聞社・静岡放送
協力:クレマチスの丘 アルテ・プラーサ

申込締切:2022年9月19日(月・祝)

※ 雨天決行
※ 新型コロナウイルス感染症蔓延防止のための対策を徹底し、本事業の運営を行います。

貸切シャトルバスのご案内

シャトルバス運行スケジュール(60名定員貸切り便) 
(往路)三島駅北口 12:00発 → クレマチスの丘 12:20着 
(復路)クレマチスの丘 17:50発 → 三島駅北口 18:10着 


※駐車場の混雑を避けるため、参加者はできるだけシャトルバスを利用してください。(事業終了後のみ、駐車場での迎車が可能です)。 

お問合せ

一般社団法人三島青年会議所
TEL:055-971-1687
FAX:055-971-5001
(平日10時から15時まで)